アプリケーションデータベース

分析アプリケーション学会発表ポスター

ユーザーインタビュー

ISOLUTE & EVOLUTE
シリンジカラム寸法

フラッシュカートリッジ選択ガイド




カタログダウンロード
(右クリックからファイル保存)


サンプル前処理製品
総合カタログ

サンプル前処理製品総合カタログダウンロード
(49ページ/3.7MB)



ISOLUTE SLE+
ユーザーガイド

ISOLUTE SLE+ユーザーガイドダウンロード
(12ページ/2.0MB)



有機合成製品カタログ
有機合成製品カタログダウンロード
(10ページ/2.2MB)



ペプチド合成カタログ
ペプチド合成カタログダウンロード
(8ページ/1.3MB)



HOME > ニュースレター > ニュースレター:2017年10月26日号

2017年10月26日号

newsletter171026_header

 


barner_peptide_symposium

 

 
性ホルモン依存性疾患治療薬を指向した
TAK-683の創製
 

54回ペプチド討論会にてランチョンセミナーを行います!

Axcelead Drug Discovery Partners株式会社 西澤直城様をお招きし、製薬企業におけるペプチド創薬の取り組み、および一般的手法と、ペプチド創薬の一例として臨床開発化合物であるノナペプチドKISS1RアゴニストTAK-683の創製過程についてご紹介いただきます。
 

実施日: 2017年11月20日(月) 11:50-13:05
講演タイトル: 性ホルモン依存性疾患治療薬を指向したTAK-683の創製
講演者: 西澤 直城 様
Axcelead Drug Discovery Partners株式会社
定員: 96名(2部講演、各48名)
第54回ペプチド討論会 会 期: 2017年11月20日(月)~22日(水)
会 場: 大阪府立大学なかもずキャンパス B2102号室
URL : https://www.peptide-soc.jp/jps54/