アプリケーションデータベース

分析アプリケーション学会発表ポスター

ユーザーインタビュー

ISOLUTE & EVOLUTE
シリンジカラム寸法

フラッシュカートリッジ選択ガイド




カタログダウンロード
(右クリックからファイル保存)


サンプル前処理製品
総合カタログ

サンプル前処理製品総合カタログダウンロード
(49ページ/3.7MB)



ISOLUTE SLE+
ユーザーガイド

ISOLUTE SLE+ユーザーガイドダウンロード
(12ページ/2.0MB)



有機合成製品カタログ
有機合成製品カタログダウンロード
(10ページ/2.2MB)



ペプチド合成カタログ
ペプチド合成カタログダウンロード
(8ページ/1.3MB)



HOME > 会社案内

会社案内

バイオタージ・ジャパン株式会社はBiotage AB社の100%子会社です。バイオタージ社(Biotage AB)はスウェーデンに生産と販売拠点を持ち、アメリカ、イギリス、中国、日本、にその子会社を持ちます。Biotage AB社は、2003年12月にPyrosequencing社がPersonal ChemistryとBiotage LLCを取得したことにより創設されました。更に2005年6月にはArgonaut Technologies社、2005年10月にSepartis AG、2010年4月にMIP Technologies 社、2010年5月にCaliper Life Sciences社のRapidTrace® と TurboVap®製品の事業部を取得するなど拡大を続けています。
バイオタージ社では医化学、分析化学、プロセス開発という3つの突出した市場分野に製品とサービスを提供しています。主要製品には、マイクロウェーブ合成装置、樹脂および固相抽出(SPE)、フラッシュ精製カートリッジおよび自動精製システム、プロセス反応スクリーニング装置などがあり、世界中の研究機関の化学者に利用されています。

バイオタージ・ジャパン株式会社ではこれらの製品における最先端の技術とアプリケーション、そしてカスタマーサポートを日本国内及びアジア・パシフィック各国で提供しています。

会社案内

 

会社沿革 

2001年1月

バイオタージ・ジャパン株式会社設立
分取クロマトグラフィー装置の販売を開始
2004年4月 マイクロウェーブ合成装置の販売を開始
2005年6月 Argonaut合成装置、Resin試薬およびSPE製品の販売を開始
2006年3月 大阪オフィスを開設
2007年10月

高速濃縮装置V10の販売開始

2009年5月

ペプチド合成装置の販売を開始

2010年7月 分子認識ポリマー(MIP)の販売を開始
2010年8月 RapidTrace® および TurboVap®の販売を開始
2014年7月 アジア・パシフィック代理店営業統括を開始

会社概要

商号 バイオタージ・ジャパン株式会社
所在地

本社

〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目14番4号  第2萬富ビル6F

[TEL] 03-5627-3123 [FAX] 03-5627-3121

西日本営業所

〒532-0003 大阪市淀川区宮原5丁目1番28号  新大阪八千代ビル別館4F
[TEL] 06-6397-8180 [FAX] 06-6397-8170

設立年月日 2001年1月
資本金 9,900万円
代表者 代表取締役 アジアパシフィック代表 谷地敏行
役員

取締役  Paul Belton

          (本社Biotage AB Vice President of Marketing)

取締役  Torben Joergensen

(本社Biotage AB Chief Executive Officer)

事業内容

分取クロマトグラフィー装置・シリカゲルカートリッジ・マイクロウェーブ合成装置・有機合成装置・高速濃縮装置・自動固相抽出装置・固相抽出カラム(SPE)などの輸出入、販売、および保守サービス

主要取引先 国公私立大学、国公立研究所、製薬会社、化学会社、食品会社
関連会社 Biotage AB
E-mail Japan_info(アット)biotage.com ※(アット)=@