アプリケーションデータベース

分析アプリケーション学会発表ポスター

ユーザーインタビュー

ISOLUTE & EVOLUTE
シリンジカラム寸法

フラッシュカートリッジ選択ガイド




カタログダウンロード
(右クリックからファイル保存)


サンプル前処理製品
総合カタログ

サンプル前処理製品総合カタログダウンロード
(49ページ/3.7MB)



ISOLUTE SLE+
ユーザーガイド

ISOLUTE SLE+ユーザーガイドダウンロード
(12ページ/2.0MB)



有機合成製品カタログ
有機合成製品カタログダウンロード
(10ページ/2.2MB)



ペプチド合成カタログ
ペプチド合成カタログダウンロード
(8ページ/1.3MB)



HOME > 製品情報 > AFFINILUTE MIP > AFFINILUTE MIP NSAIDs

AFFINILUTE MIP - NSAIDs

 工場廃水や地下水から非ステロイド系抗炎症剤をクラス選択的に抽出し、定量測定を可能にします。

背景―非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)は痛みや炎症、発熱の治療に用いられる薬理活性物質です。NSAIDsが広く用いられている今日では、それらの化合物は廃水処理プラントまで到達するようになり、完全な除去が困難なために地下水にも含まれる場合があります。
(参考:http://www.dwi.gov.uk/research/reports/dwi70-2-213_exsum.pdf
イブプロフェン、ジクロフェナク、ナプロキセンは解熱鎮痛作用のある非ステロイド系抗炎症剤です。また、クロフィブリン酸はクロフィブラート、エトフィブラート及びエトフィリンクロフィブラートの代謝産物で、薬理活性を持ち、抗高脂血症薬として用いられています。このような薬理活性を持つ化学物質ですので、土壌や飲用水を含む環境サンプル中のNSAIDsは正確に定量される必要があります。

 

特徴とアプリケーション―酸性の極性NSAIDsは通常LC-MS/MSで分析されます。しかし、様々な物質が混在したサンプルを処理する際にはマトリックス効果(イオンサプレッション)による感度の低下がみられる場合が多く、含有量が極めて微量のケースも多いNSAIDsの検出に支障をきたします。感度低下を最小限に抑えるため、分析前のサンプル濃縮やサンプルのクリーンアップが必要となります。従来の固相抽出法は十分な回収率と選択性を実現できませんでしたが、AFFINILUTE MIP – NSAIDでは回収率と選択性を共に大幅に向上できます。AFFINILUTE MIP – NSAIDはイブプロフェン、ジクロフェナク、ナプロキセン及びクロフィブリン酸について回収率と再現性が最適となるよう開発されておりますが、MIPのクラス選択性により他のNSAIDs抽出にも使用可能な場合があります。

 

Ordering Information

Part NumberItemQuantity
M72-0002-B

AFFINILUTE MIP - NSAIDs 25 mg/ 3 mL

50

M72-0002-G AFFINILUTE MIP - NSAIDs 25 mg/ 10 mL 50

関連情報

 

ダウンロード

フライヤー(287KB)

・アプリケーションノート(AN705)
-
英語版(104KB)

-日本語版(869KB)

 

関連製品

・サンプル前処理/固相抽出製品一覧