アプリケーションデータベース

分析アプリケーション学会発表ポスター

ユーザーインタビュー

ISOLUTE & EVOLUTE
シリンジカラム寸法

フラッシュカートリッジ選択ガイド




カタログダウンロード
(右クリックからファイル保存)


サンプル前処理製品
総合カタログ

サンプル前処理製品総合カタログダウンロード
(49ページ/3.7MB)



ISOLUTE SLE+
ユーザーガイド

ISOLUTE SLE+ユーザーガイドダウンロード
(12ページ/2.0MB)



有機合成製品カタログ
有機合成製品カタログダウンロード
(10ページ/2.2MB)



ペプチド合成カタログ
ペプチド合成カタログダウンロード
(8ページ/1.3MB)



HOME > 製品情報 > AFFINILUTE MIP > AFFINILUTE MIP Fluoroquinolones

AFFINILUTE MIP - Fluoroquinolones

 ミルクや蜂蜜、牛腎臓(牛マメ)などの食物サンプルからフルオロキノロン類をクラス選択的に抽出します。

背景―フルオロキノロン類は抗菌スペクトルの広い抗生物質で、ヒトを対象ニした医療用途のみでなく、魚、エビ、豚、牛および鶏などの養殖・畜産においても感染症治療で用いられています。環境中にフルオロキノロン系抗菌剤が治療用途レベルに近い濃度で存在する場合、フルオロキノロン耐性菌株の発生を引き起こす可能性があります。また、食用動物に投与されたフルオロキノロンは食糧としてヒトに摂取される可能性があり、アレルギー反応を引き起こす可能性があると同時に、やはり耐性菌株出現の原因にもなり得ます。このような背景で、多くに国においてフルオロキノロンのモニタリングが法律で義務付けられています。日本においても、いくつかのキノロン系抗菌剤について最大残留限界(Maximum Residue Limit:MRL)が決められています。 

 

特徴とアプリケーション―AFFINILUTE MIP – Fluoroquinolonesはシンプルな手順で食品中のフルオロキノロン類の残渣を抽出する固相抽出カラムです。サラフロキサシン(sarafloxacin)、ノルフロキサシン(norfloxacin)、エンロフロキサシン(enrofloxacin)、シプロフロキサシン(ciprofloxacin)、ロメフロキサシン(lomefloxacin) 及びオフロキサシン(ofloxacin)について抽出性能を確認しており、回収率、再現性および正確性(RSD:10%未満)に優れています。
従来のフルオロキノロン固相抽出カラムと同等の定量限界値を示しますが、AFFINILUTE MIP – Fluoroquinolonesの処理ステップは大変シンプルです。また、自動固相抽出装置でハンドリングすることができます。LC-MS/MS分析向けの、腎臓、ミルクまたは蜂蜜からのフルオロキノロン抽出については推奨メソッドをご用意しています。

 

Ordering Information

Part NumberItemQuantity
M69-0002-B

AFFINILUTE MIP - Fluoroquinolones
25 mg/3 mL

50

関連情報

 

ダウンロード

フライヤー(287KB)

・アプリケーションノート(AN714)
-
英語版(105KB)

-日本語版(854.4KB)

 

関連製品 

・サンプル前処理/固相抽出製品一覧